FC2ブログ

大山鳴動して鼠一匹(プルーフ硬貨の巻)

日曜日担当の渡辺です。
結論
「大山鳴動して鼠一匹」ニセ硬貨かと思ったら、プレミアム硬貨でした。

お客様から頂いたお金の中に、やたらとピカピカ光っている100円硬貨がありました。とても精巧にできているが、一般の硬貨に比べて明らかに光すぎで、なんだか模様の凹凸が薄い様な気がする。
子供銀行のお金にしては、あまりに出来が良すぎるし、これニセ硬貨?……と思いました。以前聴導犬募金箱にも同じ様な光る50円硬貨があったので、これは交番に届けようと早速三本松連絡しました。
プルーフ硬貨 

するとわざわざ三本松交番から警察官の方が捜査に見えられて、ピカピカ硬貨を調べた頂けました。結果、これはコレクター用に特殊加工されたプルーフ硬貨という本物の硬貨であることが判明しました。
通常の硬貨と同じ様に利用できるが、プレミアム価格がつくのでほとんど利用・流通することはないらしです。通常は500円、100円、50円、10円、5円、1円の666円のセットで販売されるらしいです。発行数が少ない年度はかなりのプレミアム価格がつく場合もあるとのことでした。
忙しいなか馬込ゴルフガーデンまでご足労頂きました、池上警察署の警察官の皆様には大変ご迷惑をかけ失礼いたしました。
少し賢くなったことを嬉しく思う反面、ご足労頂きました警察官の皆様には大変申し訳ないと思う気持ちでいっぱいになりました。最後に「なにかおかしな事ありましたら、すぐに警察に連絡ください」と言って頂けたことが、何よりの慰めになりました。

comment

管理者にだけメッセージを送る

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク