"ぶれない"力

火曜日担当の伊藤です!

私は、最近何事も"ぶれない"で生きている人たちの偉大さを、改めて噛みしめています。


人間の意志というものは本来弱いもので、周りに言われるがままに頻繁に変えた方が、精神衛生上楽に過ごせます。

自分が納得してなにかを変えるならよいのですが、納得するという段階までいかずに、なんとなく意見を変えてしまったり流されてしまうことは多いですね。

「自分の意志を貫く」ということは、それだけ周りとの摩擦が起こる可能性は高くなります。
そこで生じるストレスや軋轢を避けるために、その瞬間のリスクヘッジとして、自分が大切にしていることはどこかに放り投げてしまいがちです。


しかし、その瞬間はよいのですが、大局的に考えると自分の意志を貫かないことはマイナスになると私は思っています。
その場しのぎが身に付いてしまうと、歳を重ねるごとに人間としての深みが出ず、
本当の意味で信頼されたり、人望を集めたり、場を明るくできたりしないのではないか、なんて考えたりもします。


また、「わがまま」と「自分を貫く」は別物だとも思います。
自分の信念をぶらさない人ほど、相手の意見をしっかり聴けて、頭ごなしに否定せず、気を遣えるでしょう。


イチロー選手は、どれだけ反対されても振り子打法を貫き、
また今年首位打者を獲った横浜DeNAベイスターズの宮崎敏郎選手も、子供の頃から変わらない打撃フォームで28歳にして結果を残しました。


「変わる」ことも大変ですが、「決めたことを"変えない"」ことは、もっと大変なことだと思います。

うまくいかない時、方法を変える選択を取ることはある意味簡単なことですが、
結果が出ないときに、周りの意見・時には罵声などに負けず、結果がでることを信じて、信念を"ぶらさない"・・・これは本当に難しいことだと思います。

どれだけ、自分自身を信じれるか、まさに「自信」ですね。



私も、たとえ弱音を吐きたくなったり、これでうまくいくのだろうか?と瞬間的に思ったとき、
もっと大きい視野で考えて、その瞬間の自分をよく見せよう!ではなく、

5年後の自分はどう見えてるかな?を考えて行動していきたいと思います!

comment

管理者にだけメッセージを送る

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク