fc2ブログ

ゴルフのきほん

こんにちは。
月曜担当のおざわです。

ゴルフとは一体どんな競技なのか、原点に立ち返ってみると考え方がかわると思います。

ゴルフ起源の一説として、羊飼いのエピソードがよく語られると思います。
羊の糞を穴ぼこに入れたのが…というおなじみのです。
それが真実かどうかは別として、とにかくゴルフというものは穴ぼこにボールを入れないとゴルフとは呼べないということです。

普段練習に行くとどんなクラブを練習するでしょうか。
ドライバーを一生懸命練習される方とても多いと思います。
確かにロングドライブを決めれば後が楽になったりするし、OBを危険性を低くできればスコアにも直結するでしょう。
しかし基本的にドライバーは14Hしか打ちません。
コースを戦略的に攻めるならばティショットは他の番手で打つことも少なくないはずです。
なのに何より一生懸命練習しちゃうのですから、まさに魔性のクラブです。

回りくどくなりましたが、パターを練習しましょう。
3パットしてしまう人はパター練習して1打縮められればそれだけで18打も縮まってしまいます。
1Hのスコアのうち半分近くの打球をパターで行っていることを考えてみればその重要性は明らかです。
練習場の人間がこんなこと言ってはだめかもしれませんが、誰の家でも練習できる唯一のクラブで、家で練習できるからとても経済的です。
まさに「Putt is maney.」ですね。

わたくしも春ゴルフに向けてパット抱いて寝ることにします。

theme : ゴルフ
genre : スポーツ

tag : パットドライバー練習経済的ゴルフ

comment

管理者にだけメッセージを送る

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク